精神を安定させる色、高揚させる色

興奮色と沈静色
興奮色-見る人に興奮感や積極的な感情を与える色
暖色系の色 赤、オレンジなど

沈静色-見る人に沈静感や消極的な感情を与える色
寒色系の色 青、青緑など

・中性色系の緑、紫は平静さや安らぎの感情を与えるが、紫にはやや沈静的な感情がある。
・興奮、沈静は主として色相によるものであるが、彩度が低くなると、こうした感じ方はなくなる。

無彩色による興奮と沈静
-積極的な感情
-消極的な感情

色と体の関係
-副交感神経系を刺激し脈拍、呼吸、血圧、体温を下げる効果がある。
神経を鎮静化させるので不眠症の治療にも使われている。

-交感神経を刺激し脈拍、呼吸、血圧、体温を上げる効果がある。
消化液の分泌を促進し食欲を増進させる。
疲労時にエネルギーを出させる効果がある。

ベージュ-筋肉の緊張度をやわらげ疲労軽減に効果的

-すべての色の波長を含んでいるので適度であれば健康に良い色。

ただし、反射率が最も高いので、まぶしさを与え目には良くない。
特に、高齢者には広い面積の使用は避けた方が良い。

☆応用例

寝室などの安息を求める空間には沈静色の青を基調とした配色。

リビング、ダイニングなどには興奮色の赤を基調とした配色を用いる。

チェスキン(アメリカの色彩学者でカラーコンサルタント)の実例
抑うつ症の妻を抱えて悩んでいた夫が、カラーコンサルタントに相談をし、部屋を改装し、部屋の雰囲気を変えてみた。今の青い壁をピンクとか、淡いオレンジに変えたり、いくつかの小さな装飾品も買ってきて、室内の品物も入れ替え、赤やオレンジ調の絵画、置物、花瓶などを入れた。はじめ無関心であった妻も、だんだんこの改装に興味を示し、1か月も経たない間に、うつ状態だった彼女が明るくほがらかな妻に変身した。

『 白蘭・紅蘭 』の解説

白蘭
紅蘭

白蘭・紅蘭は心の中の清潔感、神秘性を表し心の中に咲く理想の花をイメージしています。
マゼンタは優しくて暖かく、人の心を保護してくれる色であり、純粋さと理想主義を表現しています。
また、紫・青緑・緑・黄・オレンジ・赤の色の頂点に立ち人間の精神を安定させ、現実離れしていて、意識を変えてしまう力を持つ不思議な色だといわれています。
そして金、銀の霧は孤高な蘭をやさしく包み華やかさや豊かさを強調しています。

白は心理的に自立神経を活性化する色で、健康にも良いとされています。
描かれている胡蝶蘭の花言葉は 幸福が飛んでくる あなたを愛します。

精神的に満足感を与え自重心を呼び起こす効果があります。
病院、教育機関、福祉厚生施設などの公共施設、民間の研修施設への寄付など、多くの人が集まる場所や研究室、書斎など閑静な場所に心の安らぎとして飾っても良いと思います。

ご購入ご希望の方はこちら
白蘭・紅蘭 購入