画材使用法| アクリル画の魅力


アクリル画は1920年位に発明されたまだ新しい画材です。
水に溶けますが、乾くと耐水性になり重ね塗りが出来ます。また、乾燥が大変早く、スピーディに制作出来るため、ジャクソン・ポロックなど現代作家たちによく使われ始めました。
日本でも元永定正氏などにより広まりました。
どの様なマチュエール(紙、キャンバス、木のパネル、石、ガラスなどの画肌)にも描け、便利な画材です。
絵具の量や塗り方によって透明性を生かした描き方もできます。
発色がきれいなので背景画にも適しています。
混色時、色が濁りやすいので、できるだけ多色所有したいのですが、まずは12色セットから始めて、自分のよく使う色を買い足して行く様にしましょう。

申込フォーム
案内書請求