デッサンで大切なことは「面」を表現するために、「稜線」を発見して描くことです。
例えば球体を描こうとして影をつけると図のように「明るい」から「暗い」に移り変わるところが最も「暗く」なっているのが分かります。
この最も暗い部分が形の変わり目であり、「稜線」といわれています。

構図が決まり、明暗で表現出来るようになって次の課題は「面」と「稜線」の発見です。
「稜線」は簡単に見えない場合がほとんどです。
「形が変わっているのだから、稜線がこの辺りに有るんじゃないか?」という眼で観察して、自分で稜線を決めなければなりません。
決めて描いた稜線が間違っていたら、違和感があるはずなので、そこにも気付かなければなりません。



上図の石膏像を観察して下図のように、稜線が見えてきます。