大阪・梅田のデザインスクール 手描きからコンピュータまで グラフィックデザイン DTP 3DCG CAD 絵画 デッサン イラスト 絵本 初心者対象 社会人向け
学びのページ

イラストレーションについて

キャラクター描き方 手の描き方

手を描くのが苦手、という人がたくさんいますが、画面に手が出てくることによってぐっと表情が 豊かになります。是非マスターしましょう。基本を知っておけば後は練習あるのみです。

キャラクター描き方 上半身3

応用・腕を上げる 肩のヤマはどういう風に、移動しているか、腕を上げた時の肩の動きも考えておきましょう。 首 首もよく動きます。首がどこについているのか分からなくて描いていると、どうにも、いろいろな角度で描けないので確認し …

キャラクター描き方 全体のバランス

人物デッサン診断をしてみて、描きにくいところはなかったでしょうか。 人体のバランスは難しいですが、実はマンガやイラストに 描かれている人物というのは理想的なバランスで描かれている事が 多いのです。 よく「デッサンが狂って …

キャラクター描き方 上半身1

上半身について考えていきましょう。上半身には肩、胸、首があります。 この部分はとても複雑な動きをするために、ここがよく分からないとギクシャクした感じになります。 マンガでは連続的な動きの流れをいくつかのコマに分けて描く事 …

キャラクター描き方 構図と遠近法

一枚のイラストを描くにしても、マンガを描くにしても、描きたいものをどのように配置するかを 考える必要があります。マンガとイラストで若干の違いはありますが、 「どのように配置するかによって何を伝えたいか」ということをはっき …

キャラクター描き方 ふかん・あおり

人体にも透視図法を応用しよう。 どういう角度で人物を描きたいかによって、 視野の水平線上に置く消失点の位置を考える。 基本パーツの直線的な部分を、 この消失点中心に描く事によって、ふかん・あおりの角度で 描いた時にブレが …

キャラクター描き方 上半身2

肩というのは単に腕につながる関節というような簡単な動きをしません。 まず勘違いされていることのひとつに「肩は肩はばの中にある」ということがいえます。「腕がくっついている関節」というイメージだけで描くと【図あ】のように描き …

キャラクターの描き方 背中と肩甲骨

キャラクターの描き方 背中と肩甲骨 人物を描くときに関節の位置や動きにも注意して描いていきましょう。背中は正面と比べてあまり目立たないかもしれませんが、動作を表すためには重要な部分です。

PAGETOP
Copyright © "河原デザインスクール" All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.