河原デザインスクールに入学してからの2年間は、いろんな意味で勉強になったと思います。一番実感したのが、デザインの基本をしっかりするということでした。はじめの内は自分のやり方だけで好きな絵をただ描きたいという気持ちが先走って、課題で求められているデザインとはほど遠いものが出来上がって失敗することもありました。先生がよくアートをデザインは違うと言っておられましたが、それは常にクライアントを意識して作品を作っていくということなのだと、この課題での失敗を通して学んだように思います。

もう一つ勉強になったことは、出来るだけ早く、且完成度の高い作品を仕上げていかなければならないという事でした。もともと自分の性格が雑なところがあり、これを意識して身につけていくことは今でも苦労していますが、デザインにおいては必要不可欠なことだと思いました。

この2年間を通して、デザインに対する考え方が良い意味で変わっていったと思います。思っていたより地味で、自分だけの作品は作れない面はありますが、クライアントとコミュニケートしていき一つの作品を作り出していく面白さや奥の深さを少しだけですが分かったような気がします。

またデザイン外においても、社会に出てからの基本的な礼儀など先生方の対話等から教わり、勉強になったと思います。
今後は、実社会に出て仕事をする中で、河原デザインスクールで学んだことを生かして良い仕事につなげていきたいと思っています。

松山友亮

申込フォーム
案内書請求