平安時代「今様色」と呼ばれた色がありました。今様とは当世風という意味で、 現在でいう流行色のことです。色は、紅梅の様な可愛い桃色であることから、平安朝の人達は、「紅梅色」と名付けました。

この桃色は、当時の女性達の心を捉え、たいへん人気があり、流行したので、このような紅花染めの桃色を「今様色」と呼びました。

平安時代から今日まで、いつの時代も桃色は、清純な乙女を象徴する色として愛されてきました。

さて、人気の高いこのピンクを視点を変えて眺めて見ましょう。この色に 異常なほど執着するようになり、四六時中ピンクのものを身に付けていないと落ち着かなくなると、少し注意しなければなりません。どうも紫と同じ働きをするようなのです。だから紫にこだわる人に 「ピンクはお好きですか」と尋ねると、決まったように、「大好きです」と答えが返ってまいります。

ただ、紫と多少違うのは、身体に熱のある時に無性にピンクに魅かれることです。ピンクの花が無性に欲しくなり、つい買ってしまったとき、風邪を引いていて熱があったと、ある女性が語ってくれました。
現在、今様色と呼んでいる色は、やや濃い紅梅色のことを云います