大好きなことをすることの大切さ

小さい頃に好きだった絵を描くことにもう一度没頭してみたいと思って河原デザインスクールに入学しました。

河原デザインスクールを選んだ理由は、入学前の見学で当校に訪れたとき、落ち着いた教室の雰囲気と、先生方がとても気さくで、絵に集中できる良い環境が整っていたため、河原デザインスクールに決めました。

色々なコースの学科があるのですが、一番シンプルで尚且つ基本である鉛筆デッサンのコースを選びました。この鉛筆デッサンを学んでいく中で、先生方に多くのことを教えて頂きました。
絵を描くときに無意識のうちに先入観が入り込んでしまうこと、対象物を客観的に観察すること、部分的ではなく、全体のバランスを意識して描くこと等々。

そして、何よりも自分が大好きなことをすることの大切さを教えて頂きました。現在はデッサンとは全く関係の無い仕事をしていますが、河原デザインスクールで教えて頂いたこれらの事は、今の仕事の根幹で活きています。
全ての道はローマに通じると言いますが、それを今、実感しています。

石津 征一