入学した時、仕事の合間を縫って、無理をせず出来るだけのことをしようと思いました。フルタイムの仕事の状況でも続けてこれた理由はいくつかあります。 まず、不器用な私なりに楽しく課題に取り組めたということがあります。

大学ではいつも、頭ばかり使っていたけれど、在学中は、実際に描いたり、切ったり、貼ったりの作業が多く受験勉強の様に無理に押し込む必要も無く、とても充実していました。 周りの先生や職員の方、他の生徒さんに励まされたことが多かったと思います。

生活に無理があるのは自己都合なのに、最後まで根気良く気にかけて頂いて、卒業制作も出来ました。 他の生徒さんとの出会いも新鮮でした。普通科の学校と違って、個性的な人がたくさん通っていて、今までの固定観念がなくなり、とても楽しかったです。

私の仕事は、メーカーの広報・宣伝なので、実際のデザインワークは外注に出してしまうことがほとんどですが、花のスケッチやデッサンなどずっと勉強していき、この学校で教えて頂いたことを将来につなげて行きたいです。本当にお世話になりました。

有野 真弓