2年間は私にとっては、決して短いものではなかった。しかし、この間に自分が成長したとは言えないにしても、デザインに対する意識が変わり、しかも、仕事としてデザインすることが出来るようになったことは、私のこれからの 人生に大きな影響を与えてくれた。

デザインに対する意識が変わったというのは、つまりデザインには、意味があるんだということに気づいたということだ。 昔は駅貼りポスター、店頭POP、会社のCI、など何をみる時も、見るであって、観るではなかったし、 全てを視覚的にしか捕えていなかった。

でも最近、その意味を考えるようになってからは、どうして美しいのか、どうしておもしろいのかを、ほんの少しずつだが意識して観ることが 出来るようになった。意識して観るということは、決して簡単なことではなく、四六時中、頭のアンテナを 動かしていないといけない。デザイナーはアーティストではないので、自分の頭の中から引き出せるものには限りがあって、常にいろんな物を観て学び、そしてそれらをアレンジする能力が要求される。

学生の間は、どうしても課題のことで頭がいっぱいで、それ以外のことを考える精神的な余裕が持てなかったので、卒業後は、是非そうゆう意味での勉強を心がけたい。

最後になってしまったが、ここで多くの同じ目的を持った友人ができたということが、どんなに私に影響を与えてくれたかを述べておきたい。この2年間に学んだことをステップにして、もっともっと自分を磨いていきたい。

いろいろと御指導、御支援くださった先生方、本当に有難うございました。

田部 明子